1ヶ月で12件も加盟が決まりました!

:竹村さん。「武田塾は2017年12月に12件加盟が決まったそうですが、どうやってそんなに加盟を決めてるんですか?」という質問です。

竹村:林さんがFacebookに投稿するやいなや大反響です。

:多くのコメントをいただきました。また、ほかのフランチャイズの方からも個別にメッセージをいただきました。本部に伺ってお話もしてきました。

意外と忙しくはなかった!

竹村:より身近に感じてもらうために、具体的な金額も公表いたしました。僕自身、これまでにさまざまなフランチャイズの加盟開発、営業に携わってきましたが、1ヶ月に10件以上は滅多にないです。「武田塾」の最高記録は3年前の12月、1次募集の加盟金が上がるタイミングの約15件です。ただ、そのときと比べると今回は非常に楽でした。

私の担当は案内から契約までなのですが、3年前の12月は31日までスケジュールが埋まっていました。今回はほとんどが既存校の増店だったので、いくらかの余裕がありました。新規もすでに「武田塾」のことを理解してくれている方々だったので、加盟開発にかかる手間を省くことができました。

多店舗化の流れに乗った!

竹村:どうやって決めているかというと、正直何もしていません。既存校のオーナーさんが増店するということは業績がいいからです。確かにエリアは少しずつ減ってきていますが、その残されたエリアの奪い合いになるので、特に何もしなくても自ずと決まっていきます。既存のオーナーさんの増店したいという意欲が成功の秘訣です。フランチャイズは多店舗化してこそ価値があります。新たなエリアに進出して多店舗化していくという流れに乗っただけです。

:ただ、この説明ではほかのフランチャイズ本部さんの参考にはならないかもしれません。なので、次回は僕がもう少し具体的にご説明いたします。