フランチャイズの加盟を奥さんに反対されていたら?

:竹村さん。今回は「フランチャイズに加盟しようと思っているんですけど、奥さんに反対されています。どうしたらよいのでしょうか?」という相談です。

竹村:個人で加盟するフランチャイズに限られますが、これは非常に多い相談です。まず、奥さんとは基本的に反対するものです。

男性と女性は、生き物として違う!

竹村:何故なら、男性と女性では生き物として違います。男性のほうは将来を見据えて起業したいと考えます。反対に女性の発想は、現状を維持し続けて欲しいのです。経験上、典型的なパターンとして確立していて、曖昧な未来像では説得できません。

:男性にはチャンスであっても、女性にとっては不安の種でしかない。

竹村:僕自身が男なので、具体的にはわかりませんが、とにかく奥さんは起業に反対します。賛成する奥さんというのは、かなり変わっているか、愛がないかのどっちかだと言っています。

:では、どうしたらよいのでしょうか?

進捗だけは報告しよう!

竹村:資料などで説明しようと試みても無駄です。つまり、説得するものではないということです。男性は癇癪を起こして勝手に進めようとしますが、それこそ危険です。なのでいつも、奥さんに進捗だけは報告してくださいとアドヴァイスしています。

竹村:そのうち、奥さんのほうがわかってくれます。果報は寝て待てということです。

:一生懸命頑張っている姿を理解してくれる。

竹村:奥さんは、サラリーマンのときの姿を見ていますから、不安になるケースが多い。だから、本気で成功したいという意欲を言葉でなく行動、態度で示していくというのが一番よいと思います。

:結論としては、説得はできない。背中で示せ。

竹村:それしかないです。次回に続きます。