フランチャイズ本部の寿命はどのぐらい?

:竹村さん。「フランチャイズ本部の寿命を教えてください」という質問です。

竹村:会社の寿命、フランチャイズの加盟店の成功率などは以前にご説明しましたが、本部のほうも確かに気になります。

竹村:「アントレ」に載っているフランチャイズのうち、将来いくつ残るのかという話になると思いますが、僕も統計は見たことがありません。

:高額な投資をしても本部が消えてしまってはどうにもなりません。

『フランチャイズ大辞典』9,000円!

竹村:倒産してしまう場合もありますが、フランチャイズ事業から手を引いてしまう場合もありますので、アクティブにフランチャイズを募集し続ける本部は少ないと思います。完全になくならなくても、加盟店がうまくいかず直営だけになってしまう本部もあり、線引きは非常に難しくなります。そこで本日はこの本を持ってきました。『フランチャイズ大辞典』です。

:表紙が独特な本です。お値段は9,000円。

:本の中には各社長の顔写真などが載っています。

竹村:今開いているページの「カフェ・ド・クリエ」は残っています。

:「カプリチョーザ」、「カバーオール」も残っています。大きく載っているフランチャイズは残っているようです。小さく載っているフランチャイズが消えているのでしょうか?

生き残るのはどのフランチャイズだ!

竹村:そういうわけでもないようです。この『フランチャイズ大辞典』は2000年に出版された本で、当時の「ビジネスチャンス」のアンケートを1つにまとめたものになります。ただ単に本部が載っているだけで何の統計もありませんが、ページをめくっているだけでも面白い本です。手に取ってずっと眺めていると、生き残っているフランチャイズを見つけることができます。次回はこの本を用いて本部の寿命について結論を出したいと思います。