「東進衛星予備校」に加盟するには?

:竹村さん。「『東進衛星予備校』のフランチャイズに加盟したい」というご相談が来ていますが、どのような方が加盟できるのでしょうか?

竹村:基本的には学習塾です。ホームページには異業種参入にも門戸を開いていると記載されていますが、個人では難しいと思います。

当時の加盟金は250万円!

:竹村さんは以前に「東進衛星予備校」の加盟開発をしていたわけですが、当時、加盟にはいくら程度が必要だったのでしょうか?

竹村:当時は、塾の教室の中にテレビを設置するだけだったので、加盟金も250万円程度とかなり割安でした。ただ、当時は50インチのテレビが50~100万円もしました。総額では300~400万円の投資だったと思います。メインは既存の塾が高校部として加盟するスタイルですが、一から始める場合、現在では周囲に塾が連なっているため、清潔感のある塾でなければ生徒は来ません。丁寧につくり込んでいくので、1800万円程度が必要です。

「東進衛星予備校」のロイヤリティ

:では、「東進衛星予備校」のロイヤリティはどうでしょうか?

竹村:平均で32~35%だと思います。「武田塾」は15%ですが、少し仕組みが違います。そのロイヤリティには、授業の卸値が含まれているのです。

:講師人件費も込みで32~35%。

竹村:僕が取り組んでいた当時は45%でした。

:段々下がってきたということでしょうか?

竹村:生徒数に応じた減免制度というものがあって、低いところでは10%という塾もあります。

:実際、月収はいくらぐらいでしょうか?

竹村:生徒単価が高いので、100人も集まったら飲食よりも高収益です。

:では、そのあたりを次回で詳しく教えてください。