「串かつ田中」の初期投資額

:竹村さん。「串カツ田中」について詳しく教えてください。まず、初期投資額はいくらぐらいでしょうか?

竹村:加盟金から保証金、研修費、その他諸費で700~800万円。また、店舗も油物を扱うので高額になります。ミニマムな店舗で3000万円、一等地の店舗で4000万円程度だと思います。

:3000~4000万円の投資に対して、どの程度の利益が望めるのでしょうか?

竹村:モデル収支は月商600~700万円程度で、200万円ほどが利益になります。

一年半で回収できる!

:標準的なものを3500万円と仮定して、利益は月200万円。つまり、一年半程度で回収できるということでしょうか?

竹村:モデル収支ですから予想通りにはいかないかもしれません。ですが、月200万円を目指したモデルではあると思います。実際に僕の知り合いの社長さんは200万円程度です。

高利益と人気の秘密

:一部の店舗では行列ができるほど軌道に乗っているようです。高利益、人気の秘密は一体なんなのでしょうか?

竹村:串カツにはハイボールと相場は決まっていますが、両方とも低コストなのです。人気の理由というのは、揚げたてを食べられるシーンが世間になくなってきているためです。なので、高齢者の方にも定評があります。ただ飲食なので、どこまでこの流行が続くかはわかりません。少なくとも今のところは、「串カツ田中」さんは大人気です。業態としても魅力的なモデルになっていると思います。さらに「串カツ田中」は、立地に業績を左右されません。

:では、次回は「串カツ田中」と飲食のフランチャイズについて、詳しく教えてください。