「ロボ団」!重見社長!

:今回のフランチャイズチャンネルには「ロボ団」の重見社長にお越しいただきました。では早速ですが、現在「ロボ団」は何教室ですか?

重見:56教室ほどです。

:何年目ですか?

重見:2014年からスタートして、4年目です。フランチャイズを始めたのはちょうど2年前ぐらいです。

:もともと、重見社長は何をされていたのですか?

重見:教育業界には全く関係のない経営コンサルティング会社で働いていました。そこから独立して教育分野に参入しました。

異業種からの参入!

:コンサルからのロボット・プログラミング。どのような経緯だったのでしょうか?

重見:最初からいきなりロボット・プログラミングを始めたわけではなく、学童保育、英会話など、他の教育コンテンツに着手していました。ただ前々から理数的な流れ、ICT教育というのを進めたいとは思っていました。子供は好きなことだったら頑張れますが、興味を失ったら見向きもしません。なので好きを伸ばすしかない、好きを学びに変えようと思って「ロボ団」を立ち上げました。

:異業種からの参入だったからこそ、「ロボ団」のような斬新な発想が生まれたのかもしれませんね。

他のロボット教室にお話を伺うと、加盟はしているがアクティブではなく、微妙な経営状態のようです。一方「ロボ団」は良い評判を保っています。僕はプログラミングのことはわかりませんが、本格的でためになるといわれています。

1教室で120~130人!

重見:特にフランチャイズでは、導入してから集まるのか、しかも辞めずに続けてくれるのかというのがポイントになってくると思います。他のロボット教室では結局集まらないから休眠にせざるを得ない。ただ我々の場合はしっかり集めることができていて、1年半~2年ぐらい経っている教室では120~130人ほどの生徒が通っています。

:もう少し「ロボ団」について詳しく知りたいので、次回もお願いします。