ファックスだけで加盟!バブリーなエピソード!

:天童社長。「ベンチャーリンク」の思い出の中で、印象に残っているバブリーなエピソードはありますか?

天童:「牛角」を例にあげると、昔はファックスでDM(ダイレクトメッセージ)を送っていましたが、その説明会を報知するだけのファックスで加盟してしまう方もいました。また、そのときは東京の「牛角」が段々と軌道に乗っているときで、違うフランチャイズに取り組んでいる方が、説明会のファックスだけで掛け持ちを希望してきました。さらに、「ベンチャーリンク」はエリア販売をしていましたが、エリアの転売が頻発しました。

「牛角」の出店にはいくらかかるの?

:「牛角」は出店するのにいくら必要なのでしょうか?

天童:当初は3000万円程度でした。最終的にはロードサイドに出店する場合で、7000~8000万円になっていきました。非常に高額ですが、二軒同時に取り組む方もいました。

:その額なのにファックスだけで加盟してしまったり、エリアの転売があったというのは驚きです。

加盟金も高騰していった!

天童:加盟金は最初の店舗が600万円。二号店以上は480万円でしたが、最終的には1200万円程度まで高騰しました。

天童:「ベンチャーリンク」が値上げをしていったのです。

:転売が起きたり、ファックスだけで即決したり、加盟金が1000万円以上でも加盟希望者は止まない。そんなに「牛角」は魅力的だったのでしょうか?次回は「牛角」について教えてください。