二人が次に考えているFCは何??

林:竹村さんと林さんが次に考えてるFCは何ですか? というご質問です。

竹村:今、心身健康倶楽部と資格スクエアの0次募集をやっていて、そのあとに考えているFCということかと思います。その次にもいくつか話を聞きました。

林:竹村さんのブログなどの発信で、FC専門家として問い合わせがくることもありますし、武田塾を最近いろんなところで見かけるので、”どうやって大きくしたのか?” と、いろんな本部から相談をいただいています。

竹村:林さんの成功事例のおかげで、問い合わせが増えました。

林:年商が●●という話もあって、問い合わせや反響が大きいです。

次にやるのは飲食系FC!?

竹村:我々もFCを広めたいと言われても、どれでもOKするわけではありません。
飲食系で誰でも知ってるような日本の昔からあるものでをやってみようと思ってます。

林:いよいよスクール系ではなくて、飲食系もやります。

竹村:今までは封印してましたが、ベンチャー・リンクに勤めていた時は、飲食が7〜8割でした。

林:飲食の本部の方から僕がまず相談を受けて、FCのことは多少わかるけど飲食のことはわからないので、竹村さんを連れて3人で話したら、竹村さんが飲食についてお話していました。
竹村さんはヒーローズなどを手伝っているイメージがあって、スクール系のイメージがありましたが、むしろ飲食の方が詳しいのですか?

竹村:ベンチャー・リンクでやっていた時も、本部はほとんど飲食でした。

飲食系はFCに向いている!!

竹村:結論で言うと、飲食はFCに向いています。
飲食はチェーン店が多いですが、なかでもFCにしていくということが飲食は向いています。
もちろんスクールビジネスも向いていますが、一番最初に入ってきたのがケンタッキーですし、飲食ビジネスはFC化しやすい面を持っていて、あらためて2〜3社と話をしていて、イケそうだと思ったのでやろうと思っています。

竹村:難しいところや注意点もあるので、飲食はFCとしてどこが優れているのか? そういうことを考えて今回は選ぼうと思いますが、その辺をもう少し具体的に次回話します。

林:飲食FCのポイントですか。
では林さんが次に考えてるFCについて、結論はどうですか?

竹村:次は飲食をやるみたいです。

林:それでは、次回詳しく話をしていきます。