「赤から鍋」はどうやってオーナーを集めているの?

:今回も「赤から鍋」の鈴木副社長にお越しいただいています。

「赤から鍋」はロイヤリティ、初期投資共に低く、集客も広告要らずで、とても魅力的なフランチャイズだと思いますが、オーナーさんはどうやって集めているのでしょうか?

鈴木:既存のオーナーさんの紹介がほとんどです。フランチャイズ募集の広告も一切打ちません。

「赤から鍋」は飲食の助け舟?

:愛されているフランチャイズは自ずと広まります。どのような方が意欲的になるのでしょうか?

鈴木:自分の持っている飲食店の業績が芳しくないので、「赤から鍋」に業態を変更したいという方が多いです。

その方々は軌道に乗れば、別の店舗も「赤から鍋」に変更していきます。

既存の店舗を変更するだけなので、初期費用が安く済むというわけです。

「赤から鍋」が求める人材

:他の飲食の業態よりも良心的で、求心力があるから変更していくのでしょう。加盟希望者はどのような方がいいのでしょうか?

鈴木:会社の運営に困っている方、従業員をもっと幸せにしてあげたい方に加盟していただきたいと思っています。

:このフランチャイズチャンネルの視聴者の中にも、飲食で行き詰っている方がいるかもしれません。お問い合わせしても構いませんか?

鈴木:是非、ご連絡ください。

:このように募集をする機会は、これまでにありましたか?

鈴木:初めてだと思います。いままで募集広告などは一切してませんでしたので、なかには看板を見て直接本社に問い合わせをしてきたオーナーさんもいらっしゃいました。

他のケースとしては、「赤から鍋」が好き過ぎて脱サラする人もいました。

:僕もお話を伺っているうちに加盟したくなってきました。現在、勢いのある地域はありますか?

鈴木:東北です。関東より北の地域が今、勢いがあります。

:この度は門外不出の貴重なお話をお聞かせくださり、ありがとうございました。